もう そこには

风の音(ね)が响き

そう 谁もが

新たな种を莳く

古(いにしえ)の诗(うた)を语る

壁の迹に

岸辺を

砕く波

なにを忧うの

まだ

别れた

人の名が

消えないように

哀しみも

包み込んで

许しましょう いま

涙の向こうへ

また光は射すから

大河(たいが)の流れに

この魂(こころ)をあずけて

水に舞う月のように

たとえすべてが梦でも

どんなときも

生きてゆける

苦しみが

いつか爱に

报われるなら

教えてください

なぜ命は争う

答えてください

この绊が问うもの

何処も同じ空なのに

云は时に伤を负う

雨を呼ぶ

涙の向こうへ

また光が射すまで

大河(たいが)の流れに

この魂(こころ)をあずけて

水に舞う月のように

たとえすべてが梦でも

遥かな道

生きてゆこう

 

评论

热度(2)

©LittleFeb|Powered by LOFTER